EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0068

参照:フルートの部屋


  J.S.バッハのソナタ(2)偽作とされる曲



フルートの練習メモ 0039で、
J.S.バッハのソナタ ハ長調 BWV1033 の練習を始めたことを書きました。

変ホ長調 BWV1031 も、だいぶ前に少し吹いてみたことがあったのですが、
有名な第二楽章以外は難しそうだったので、ちょっと吹いて止めてしまいました。

ところが、BWV1033 が思ったほどには難しくなかったので、
試しに BWV1031 も全部吹いてみたところ、想像していたよりは
吹きやすい曲であることがわかりました。

J.S.バッハのソナタとされていた曲のうち、
BWV 1031、1033、それに ト短調 BWV 1020 は
バッハの真作ではないとされています。

これらのうち、BWV 1020は一部しか吹いてみたことがないのですが、
曲の感じは他の2つとかなり似たところがありますので、
やはりあまり難しくないのかもしれません。

J.S.バッハの真作とされているソナタで全部吹いてみたことが
あるのは、BWV 1013と1034の2つですが、1030と1035も一部は
吹いてみたことがあって、どれも偽作とされている曲より
吹くのが難しいと思います。

理由は、偽作とされるソナタでは、細かな音符が続いている
ところでも、音のつながりが素直なので、楽譜を見なくても
次の音がある程度予想できるのですが、
真作とされるソナタの方は、音の跳躍も多く、次の音を
予想しにくいところがあちこちにあるからだと思います。

最近、C.P.E.バッハのソナタ ト長調(ハンブルガーソナタ)の
練習を始めましたが、この曲もJ.S.バッハの真作とされるソナタ
よりも、次の音を予想しやすいので、高音部にある指回りが
少し難しいところを除けば、比較的、吹きやすい曲だと思います。

J.S.バッハのソナタのうち、偽作とされるもの一部は、、
息子のC.P.E.バッハが書いた曲に、J.S.バッハが手を入れたもの
という説もあるようですが、実際に吹いてみると、
それもありかな。。。という気がします。

と、勝手なことを書いてみたものの、
未熟な私には、まだまだ吹きこなせる曲ではありません。

真作であろうと偽作であろうと、どれも名曲であることに
かわりはありませんから、こつこつと練習を続けていって、
全部吹けるようになりたいと思います。


< 過去の記事 [ 9月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.