EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0463

参照:フルートの部屋


  ハーモニクスの練習は・・・♪



先日の特別レッスンでは、主にソノリテをみて頂いたのですが、

基本的にフォルテでよく響かせて吹きましたので、
高音域も、自分でも自覚していた「Fが安定しない」ということを除いて、
特に注意されることはありませんでした♪

  もう少し、リラックスして吹けたらいいと思って、
  ハーモニクスの練習をしています・・・

といったことをお話ししたところ、

  ハーモニクスは小さな音しか出せないので、
  あまり長い時間はしないで、
  5分くらいにしておいた方がいいかもしれません。

  綺麗な音が出るようになっても、
  音が細くなってしまうかもしれないので。

というアドバイスを頂きました♪

  どんなに綺麗な音で吹けても、
  小さな音しか出せなかったら、大きなホールでは聞こえませんし、
  合奏の時は、他の楽器の音に埋もれてしまいます
 
し、それに

  大きな音を出せないと、ダイナミクスの巾も小さくなります

から、

  しっかり響く音を出す練習をした上で、
  小さな音で吹く練習もするようにしたい

と思います♪

これは声楽でも同じですが、

  小さな音は、弱く吹いて出すのではなく、
  大きな音で吹く時以上の緊張感を持って、
  しっかり響かせないと聞こえませんからね♪

▼ この記事へのコメント ▼
こんにちは。

こちらのことがいつも気になっていたのですが
携帯からでは読めなくて、今日はじめてPCで読みました。
足跡がわりにコメントを残していきますm(_ _)m

自分の出せる最大の音がどのくらいかによって
ダイナミクスの巾も決まってくる。
なかなか体力がついていかず、ブレスコントロールも
ままならないのですが・・・私も注意してがんばります。



杜野 響 さん♪

コメントありがとうございます!

一度、息を吐けるだけ吐いて、
次に、今度は息を吸えるだけ息を吸って、
ロングトーンをする要領で、

  もう出ないというところまで、少しずつ息を吐く

という練習を毎日続けていると

息が続くようになるんじゃないかと思います♪


< 過去の記事 [ 8月の News リスト ] 新しい記事 >

2017 calendar
8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.