EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0257

参照:フルートの部屋


  レッスンの予習・復習



MFLC大阪でレッスンを受け始めてから1年くらいは、
やっている曲などが簡単だったこともあって

  予習が進みすぎて、ちょっと悩みました。

半年ちょっとしてからアンサンブルなどのレッスンも始めると
レッスンでやる曲も増え、やる曲も難しくなったこともあって、

  予習しすぎる悩みは、解消されました。

途中から、

  MFLC では 基礎中心
  もう1つのレッスンでは、曲中心

と決めてレッスンを受けていましたが、
MFLCの先生が変わった5月以降は、MFLCでアルテしかしなくなったので、
レッスンの目的が完全に別になりました。

一応、基礎は一度、別の教本でレッスンを受けているので、
アルテを使ってのレッスンでは、

  基礎の再確認と、更なるレベルアップ

をしたいと思っています。そのため、MFLCのレッスンでは、

  レッスンで指摘された問題点を改善するための復習

を中心に練習をしていて、

  予習は、譜読み程度の軽い予習

に止めるようにしています。

  問題点が残ったまま、練習をしすぎると、悪い癖がついてしまう

ことがあるからです。

一方、もう一つのレッスンでは、

  フルート二重奏を2曲(今は、テレマンとモーツァルト)
  テレマンの12のファンタジー

を必ずやっていて、必要に応じて

  発表会その他で吹く曲(今は、テレマンのトリオソナタ)

もみて頂いています。

どれも中級以上のレベルの曲なので、
復習はもちろんですが、予習がかなり大変です。

長い曲が増えて来たので、

  毎回、全部を通して練習するのは、時間的に無理

です。そこで、最近は

  指回りが難しいところを中心に練習する

ようにして、時間が足りない時は、通しでの練習はパスしたり、
一部の曲だけしか練習しないこともあります。

もちろん、時間があるときは、全曲、通しでの練習もやりますが、

  タファネル&ゴーベール
  ソノリテ
  トレヴァー・ワイ

などを使った基礎練習もしたいですし、自主練習している

  J.S.Bach の フルートソナタ など

も吹きたいですから、時間はいくらあっても足りません。

  1日が48時間くらいあったらいいのになぁ・・・

と思います、ホントに (^_^;

これって、今、夏期講習で教えている受験生と同じ気持ちかもしれませんが、
フルートの練習と違って、

    受験勉強は楽しくないです!

と言われそうですね (^_^;

▼ この記事へのコメント ▼
フルートのレッスンにも予習・復習のポイントがあるのですね。
いろいろと工夫をしながら進歩されているのですね。
その工夫のされかたは、受験勉強の参考にもなります。

ほんとに一日48時間くらいほしいです。
気がつけばあっというまに8月中旬にさしかかろうとしていますものね。

私は主婦兼受験生ですが、最近まで15年間程ずっと会社員だったので、受験勉強にずいぶんとブランクがあり、
「夏休みの間に高校三年間の項目をすべて習得して他の受験生に追いつくぞ~!」
と決意していたのですが…

計画と実際とではずいぶん差があり、一応、毎日10時間以上は勉強しているものの、集中できず、ついお菓子を食べたり、ぼ~っとしたりしてしまい、全然進んでいません。気がつけば合唱団に所属していたときの歌の練習をやっていたり…。
このままだとあっという間にセンター試験の日になってしまいそうです。

私はどうしても大学で研究したいテーマがあります。
それは中学生のときから個人的に研究してきたことで、それを論文にしたいという夢?があります。
先生が子どもの頃からチョウの研究をされてきて、チョウの分野で有名な大学・大学院に行かれたことを知って、私も先生のようになりたい!と強く思いました。

夏休みも折り返し地点なので、がんばります。

私は高校2・3年の時は、一人暮らしで、自炊をしながら高校に通っていました。

浪人はしたくなかったので、高校の授業がある日は最低4時間(できれば6時間)、ずっと家にいる日曜日は10時間、勉強することをノルマにして勉強していました。

私は、勉強が嫌いではない(というか、好き)なので、勉強すること自体は楽しいのですが、それでも長時間、同じようなことをやっていると飽きてしまいます。

そこで、数学なら2時間くらい、他の科目は1時間くらい集中して勉強したら、10分休憩して、休憩の後は、前にやっていた科目とは、全然違う分野の勉強をして気分転換をするようにしていました。

だらだら休憩しないように、目覚まし時計をセットして、やる気がなくなったら、歌を歌うとか、水で顔を洗うとか、時には水シャワーを浴びるとか・・・そうやって頑張っていました。

何事も計画通り進むことは少ないですが、うまく勉強がすすまない最大の原因は、ぼ~っとしている時間が長いせいだと思います。

何時間、勉強をしたかが問題ではなくて、どのくらい集中して勉強できるかの方が大事だと思います。


< 過去の記事 [ 8月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.