EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0045

参照:フルートの部屋


  リズムで行き詰まったら。。。



フルートの練習メモ 0026に、レッスンで
テレマンの6つのカノンによるソナタの1.G-durの第三楽章を
初見で吹いてみたことを書きましたが、結局、この曲を
全部やることになって、その後、第二楽章、第一楽章と
戻ってやってきました。

第三楽章をやったときは、あまり難しくなさそうに思ったのですが、
第二楽章と第一楽章はリズムが難しく、かなり苦戦しています。

第一楽章は、速くて運指が難しいところが含まれているところも
あって、リズムがますます混乱してしまうようです。

先日のレッスンで、自分の足で4分の6拍子にリズムをとりながら
一人で吹いてみるように言われたのですが、自分の足で正確なリズムを
とりつつフルートを吹くのはなかなか難しいものです。

足などでリズムをとりながら吹く癖をつけるのはよくないと
考えていましたので、ほとんどこんな吹き方をしたことがない
ということもありますが、正確に同じテンポでリズムを刻むことは
そう簡単なことではありませんから、自分でリズムを刻みつつ
指がよく回らないフレーズを吹くことが、難しいのは当然かもしれません。

そこで、「フルートの代わりに歌ってみたら・・・」と言われたのですが、
歌う元気がなかったので、手でリズムを刻みながら、
フルートの代わりに口笛で吹いてみたところ、
フルートでやるよりは、うまくいったようで、

 「口笛、綺麗ですね。口笛奏者になれますよ。」

と言われてしまいました。
  ・・・これって、喜ぶべきか、悲しむべきか。。。

口笛は自分で音程をとらないといけませんが、
指、いえ、口が回らないところはないので、
フルートで吹くよりは、リズムに集中できたからだと思います。

そんな訳で、今日はフルートも口笛も吹かず、楽譜とにらめっこ
しながら、正確なリズムを刻みながら、楽譜を何度かさらったところ、
ほぼ、間違わずにできるようになったような気がします。

明日、もう少し楽譜だけでさらってから、
フルートを吹いてうまくいけば、もう大丈夫では
ないかと思います。

今までも、指が回らない時にフルートを吹かないで
指だけで練習するということをしてきましたが、
行き詰まった時は、フルートを吹かないで練習する
方がいい場合も、少なくないのでしょうね。


< 過去の記事 [ 8月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.