EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0246

参照:フルートの部屋


  その日の課題を決めて練習する



フルートのレッスンを受けていると、
先生からいろいろなアドバイスをして頂けるので、
独学でやるよりも、効率良く、吹けるようになるのは確かです。

でも、レッスン時間は限られていますから、
難しいところを克服できるかどうかは、結局、

  自分でどれだけ練習ができるか

にかかっています。

私の場合、普通の仕事をしている人に比べると
フルートを練習する時間を確保しやすいとは言うものの、
使える時間には限りがありますから、
ふだんの練習も、できるだけ効率良くやるように心がけています。

まず第一に、その日、絶対にやっておきたい課題を決めます。
その課題は、音づくりだったり、指回りの課題だったり、
アーティキュレーションやダイナミクスであったり、
レッスンで、あるいは自主的にやっている曲であるかもしれませんし、
複数の課題を設定することもあります。

アンサンブルなどのレッスンを指導して頂いている先生は、
その辺りの事情をよく理解して下さっていて、
レッスンの時に、克服すべき課題が見つかると

  時間がない人のための練習方法

というのを、いろいろ教えて下さいます。

また、その課題を克服するためには、

  どの教本のどの課題を練習したらよいか

も、教えて下さいます。

そのおかげで、多くの課題は比較的短期間で解決できるのですが、
中には、何度練習しても、

  なかなか克服することができない、鬼門

のような課題があります。そういう課題にぶつかると、
いつまでもその曲をやり続けなければいけなくなるので、
1年くらい前までは、

  そのうちできるようになるので、今はこれいいことにしましょう

と仰って、次の曲に行くことが多かったのですが、
その後、次第にハードルが高くなって、

  もう少しやれば、できそうな気がするから・・・

と言われるようになりました。私も中途半端なまま終わりたくないので、

  また練習してきます

と言って、レッスンを継続して頂くこともありますから、
以前に比べると、1つの曲にかける日数が長くなったように思います。

レッスンでやっている曲が、かなり難しいこともあって、
曲の予習よりも、レッスンの復習にかける時間の割合が
以前よりもだいぶ多くなったような気がしますが、
特別難しい曲でなければ、初見である程度吹けるようになったので、
予習にあまり時間をかけなくてもよくなったことも
関係していると思います。


< 過去の記事 [ 7月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.