EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0026

参照:フルートの部屋


  テレマンのカノンによるソナタ



ハイドンのデュエット No.6 Op.101は、
最後のアレグロで指が回らないところがあって
まだ終われずにいますが、先日のレッスンでこの曲を吹いた後、

 「これをちょっとやってみましょう」

と楽譜を渡されました。

テレマンの6つのカノンによるソナタの1.G-durのアレグロの
部分だったのですが、冒頭部分を先生がちょっと吹いて、
「こんな曲です」と仰って、いきなり初見で吹くことに。

テンポを少し落としてやりましたし、
特別難しいところがある訳ではないので、
何とか最後まで吹ききりましたが、当然、
途中で譜読みが追いつかないところもありました。

そこで、吹けなかったところを
練習をして再度、チャレンジ。

最初は私が1stを吹いていましたが、その後、先生と交代して
2ndを吹いてみました。

 「2ndを吹く方が楽なはずです」

と言われたのですが、1stを聴いた後で吹くことになるので、
確かに楽です。

最後に、もう一度、交代して吹いてみたのですが、
直前に2ndを吹いて、怠け癖がついたのか、
前に1stを吹いた時よりも、
たくさんミスをしてしまいました。

この曲も、次回、もう一度やることになったのですが、
初見で吹いたおかげで、

 カノンの場合、先に吹く奏者が主導権を握る

ということが、とてもよくわかりました。


< 過去の記事 [ 6月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.