EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0585

参照:フルートの部屋


  モーツアルトのソナタ F-dur K.13 (2)



昨日は、発表会の曲を初めてピアノと合わせながら、レッスンして頂きました♪

先週は先生の体調不良でレッスンが延期になったので、

ピアノと合わせる前にもう1回みて頂けるハズだったのですが、

それができなかったので、2時間ちょっとのレッスンになりました♪

まず、

   モーツアルトのソナタ F-dur K.13

ですが、演奏時間の関係で

   第1楽章と第2楽章は繰り返しなし

で演奏することになりました。

レッスンで注意されたこととしては、

  ・最初の合図で、テンポ感が決まるので、

     合図を出す前に自分の中でテンポをイメージしておくこと

  ・第1楽章の出だしが大きくならないように

  ・息を入れすぎて音が悪くなっているところがあるので、

     吹きすぎないように、抜くところはしっかり抜いて吹くこと

  ・スラーがついているところ、

     最初の音の立ち上がり(タンギング)はしっかり、

     あとは抜いて吹くこと

  ・長い音の途中で音を膨張させないように

  ・大きなフレーズ感が感じられるように

  ・大きなフレーズで同じようなことが繰り返されているところは、

     1回目、2回目で違いがわかるように

  ・32分音符の音階の部分、全部の音が均等に聞こえるように

  ・3連符のテンポ感になどに注意

  ・途中で転調する部分、曲の感じが変わったことがハッキリわかるように

     音色を変えて吹くように

  ・ピアノ伴奏の音をよく聞いて、音色やアーティキュレーションをそろえる

  ・第1楽章の最後のf(フォルテ)は、しっかりfで吹くこと

  ・第2楽章の入りのテンポ感が伴奏者にハッキリ伝わるように

  ・第2楽章 31小節の入りに注意

  ・第2楽章 34小節の装飾音がハッキリ聞こえるように

  ・第2楽章の最後の部分、ピアノ伴奏としっかり合うように

  ・第3楽章の半音階を滑らかに

  ・メヌエットI から II へ移る時のテンポ感が伴奏者によくわかるように

  ・メヌエットII 7小節目で遅れないように

といったことがありました♪

レッスン中に修正できたこともありますが、まだちょっと・・・というところも

あるので、練習して修正していきたいと思います♪


< 過去の記事 [ 3月の News リスト ] 新しい記事 >

2017 calendar
3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.