EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


第7回 神戸国際フルートコンクール (4)

参照:神戸国際フルートコンクール


  二次予選 2日目



今日は二次予選の2日目、残り、9人の演奏が行われました。

いちばん、聴衆の受けていたのは、

  ロシアの Denis Bouriakovさん

で、フルートもきれいでしたが、低音が特に凄かったです。

私がいちばん好きだったのは、

  フランスの Sohie Briliさん

のフルートで、響きという点はで、昨日の上野星矢さんに
次いで前に飛んで来ていました。

ちなみに、

  M.BlavetのSonata re-miniur "La Vibray" Op.2-2

を日本人2人が演奏したのですが、コピーじゃないかと
思うくらい似た演奏で、しかも演歌を聴いているような感じがするところがあって、

  これは、違うだろう・・・(T_T)

と思っていたのですが、Sophie Briliさんの演奏は、

  2人の日本人が吹いた曲とは、全く別物!!

と思える演奏で、

  これじゃなきゃ (^-^)

と、やっとスッキリしました!

日本人の演奏の方は、微妙なテンポの揺れと、
アーティキュレーションの付け方のせいで、
演歌調になってしまっていたのだと思います。

それにしても、日本人の演奏の中には、

  これは、さっきの人のコピーだ

と思える演奏が散見されます。

指導者が同じせいなのか、先輩のマネをするのか、
理由はわかりませんが、コンクールに出てくる人には

  自分の音楽をやって欲しい

と思います!


< 過去の記事 [ 3月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.