EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルート 公開レッスン 聴講メモ 9

参照:フルートの部屋


  アンドレアス・ブラウ 公開レッスン(3)
  「テンポを守る」



アンドレアス・ブラウさんの公開レッスンの続きです。

これも私がいつもレッスンで言われていることですが、
曲の中にはインテンポで吹かないといけないところと、
テンポを揺らして自由に吹いていいところがあります。

テンポを守って吹かないといけないところは、
メトロノームを使って、きっちり練習することが
必要になります。

自分の身体をつかってリズムをとっていることが
見ている人にわかるような演奏をしては
いけません。

身体を揺らしたり、腕を動かしたり、
足でリズムとりながら演奏してはいけません。

どうしてもリズムをとらないとできないときは、
足のつま先だけをほんの少し動かして、
わからないようにすればいいかもしれません。

といったようなお話をされていました。

また、

  フォルテで吹くとテンポが速くなりやすく、
  ピアノになるとテンポがおそくなりやすい

というお話もありました。

更に、ピアノ伴奏で吹く時は、多少テンポを揺らしても
伴奏者が上手に合わせてくれるかもしれませんが、
オーケストラの場合は、そこまではしてくれないので、
テンポをきちっと守らないといけませんとも
仰っていました。

  「音は全部合っていますが、テンポが・・・」

とは、今日も私がレッスンで注意されたことなのですが、
気をつけているつもりでも、なかなか難しいんですよ、
これが。。。(^_^;

  ・・・つづく。


< 過去の記事 [ 12月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.