EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルート 公開レッスン 聴講メモ 7

参照:フルートの部屋


  アンドレアス・ブラウ 公開レッスン(1)
  「肩の力を抜いて」



ムラマツ リサイタルホール新大阪で2008年12月4日に
行われた「アンドレアス・ブラウ 公開レッスン」を
聴講してきました。

アンドレアス・ブラウさんは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
の首席フルート奏者で、もう40年もベルリンフィルの奏者を
されていると仰っていました。

今回の公開レッスンの受講生は2名の方々で、
以下の曲のレッスンが行われました。

 岩田 智沙さん(大阪音楽大学短期大学部)
    マルタン:バラード
 西川 咲良さん(大阪教育大学)
    ライネッケ:フルート協奏曲

マルタンのバラードは初めて聴く曲で楽譜も持っていません
でしたので、会場で楽譜を購入しましたが、
ライネッケのフルート協奏曲の方は楽譜を持っていき、
ブラウさんのコメントを楽譜に書き込みながら聴講しました。

ブラウさんがどちらの受講生にも仰ったことのひとつに、

  肩や腕の力を抜いてリラックスする

ということがあります。

お腹の支え(通訳の方は横隔膜と仰っていました)は
大切ですが、そこより上の部分に力を入れると、
喉がしまってしまい、綺麗に響く音が出ないからです。

また、からだを前屈みにすると、やはり喉がしまって
綺麗な音がでないのでダメだとも仰っていました。

どちらも、私がMFLCのレッスンで注意されてきたことで、
最近、ようやくリラックスして吹けるようになったと
感じていますが、リラックスして吹くことの大切さを
はっきり理解できるようになるまで、1年近くかかった
ような気がします。

   ・・・つづく。


< 過去の記事 [ 12月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.