EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0103

参照:フルートの部屋


  ブレスをとる位置



バッハやテレマンの曲を吹いていると、
16音符がずっと続いて、

  どこでブレスをとればいいの?

みたいなところが頻繁に出て来ます。

変な場所でブレスをとってしまうと、
フレーズのつながりがおかしくなってしまい
ますから、レッスンでブレスをとれる場所を
指導して頂けるのは重要です。

アンサンブルの指導をして頂いている先生には、
比較的息が続くと思われているようで、
先生が吹いてみて、

  「私ができたので、藤井さんは大丈夫。
   ここまでノンブレスで吹いて下さい。
   できれば、次もブレスをとらない方がいいですけど。」

といった感じで、ブレスをとれる位置を指示して下さるのですが、
一方で、音の跳躍が頻繁にあるところで、どうしても音が
途切れがちになって無意識に息をとっているようです。

これは、スタッカートの場合、自然に息が入りますから、
たぶんその影響だと思います。

というわけで、テレマンのファンタジーの第7曲の中間部で
その修正をしているわけです。

息の方はなんとか続くのですが、
16分音符で音が1オクターブ以上音が次々に跳躍する
ときに、音と音の間が途切れないようにして、
かつ高音も低音もしっかり出るように吹くというのは、
かなり難しいですね。

でも、だいぶ改善はされてきたので、
ちゃんと吹けるように頑張りたいと思います。


< 過去の記事 [ 11月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.