EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0100

参照:フルートの部屋


  バロックの形式



MFLCのレッスンでは、最初にソノリテと

  トレーバー・ワイ  フルート教本 (1)音づくり

を使って、音だしをしていますが、右手を少し前に
出した効果もあってか、

 「手の力も抜けて、吹けるようになりました。」
 「全音、綺麗な音で吹けていましたし。」

と言ってもらえるようになりました。

さて、曲の方は、テンポのキープで少し苦労していた

  フォーレの「子守歌」

が終わりましたが、やや遅めのテンポだったこともあり、
息がたくさん必要で、なかなか大変でした。

次の曲は

 ゴセックの「ガボット」

ですが、実は、この曲は今年の1月に他の先生に一度みて
いただいたこともあって、レッスンではかなり細かな点に
ついて指導をして頂きました。

MFLCのレッスンでも、バロックの曲をやることが多いのですが、
いつも決まって言われることは、

 バロックの曲は、バロックの形式をきちっと守って吹く

ということです。

前打音やトリルのかけ方もそうですし、
アーティキュレーションやダイナミクスが
しっかりわかるようにメリハリをつけて吹く
ということも大切です。

ガボットも舞曲ですから、

  楽しく、踊れるように吹く

ことも大切ですね。
ガボットは、次回、再度、ピアノと合わせて、
OKなら、次は

  エルガーの「愛の挨拶」

をみて頂くことになりました。

この曲も1年以上前から練習していた曲ですが、
もう何ヶ月も吹いていないので、
次回のレッスンまでに、少し気合いを入れて
練習をし直していこうと思います。


< 過去の記事 [ 11月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.