EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0501

参照:フルートの部屋


  適度な緊張・・・



最近、

  私は緊張感が足りないのでは?

と思うことがあります (^_^;

先日の街角コンサートの時もそうなのですが、

  人前に出ても、あまり緊張することがありません。

これはこれで、

  リラックスしていい

という話もあるのですが、

  緊張感が欠如しているが故のつまらないミスやポカ

をやってしまっているように思います。

例えば、

  3月にあったフルートの発表会・・・

  暗譜で吹くという緊張感はあったものの

  指回りが難しいところばかり考えていて、

  出だしの方のつまらないところで、

    あれ・・・

  という大ポカをやらかしてしまいました!

直前まで、

  楽譜、置いておいてもいいですよ~

と仰っていた先生には、ちょっと「嬉しそうに」

  暗譜の怖さが分かったでしょう!

と言われてしまいました (^_^;

先月、他の先生の発表会でも、

  間違えそうな場所のことばかり考えていて、

  自分の頭の中が

     第3楽章のイメージになっていた

  ため、

     第1楽章の出だしから間違える・・・

  という、大失敗をしてしまいました!

全然、緊張はしていなかったのですが、

  吹き始める前に、自分で曲の確認というか、

     曲をイメージしていなかった!

  のが原因です。

  この時は、結局、やり直しをしたのですが、

  かなり恥ずかしい失敗です。

そのくせ、

  レッスンで先生の前で吹く時は、
 
     今でも結構、緊張するように思います。

     緊張するが故のミスもあります。

ただ、

  先生と二重奏をしている時は、

     ずいぶんリラックスして吹けているように思います。

でも、

  リラックスして緊張感が足りないことが原因で、

     つまらないミスをしてしまう

  ことも少なくありません。

     これじゃあ、いけない!

  と思って、吹くと

     ミスが減ります

ので、

  やっぱり、適度な緊張感は必要なのだ

と思う訳です。

  頭の中は、適度な緊張感をもって、

     でも、

  からだは十分リラックスして演奏する

のが、理想なのかな・・・と思います。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2017 calendar
10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.