EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0085

参照:フルートの部屋


  フォーレの子守歌 作品16



MFLCのレッスンでやり始めたフォーレの子守歌ですが、
ゆったりした曲で、なかなか息がたくさん必要ですし、
音域も最低音のC(ド)から3オクターブ目のA(ラ)まで
あるので、最初思ったほど、楽な曲ではありませんでした。

楽譜の指示通り、ブレスをとるとかなりきついと思ったのですが、
ムラマツのCDを聴くと、結構、速めのテンポで吹いていたので、
これならいけると思って練習をして行きました。

しかし、すぐに止められて、最初にイメージしていたゆっくり目の
テンポで吹くことになったため、楽譜に書かれているよりも
少し多めにブレスをとることにしました。

さて、この曲ですが、

 東洋的な部分と、西洋的な部分が混在しているので、
 その違いがわかるように吹くのがポイント

だというお話を先生がして下さり、レッスンではその辺を中心に
練習しましたが、1オクターブ目のF(ファ)から最低音のC(ド)へ
スラーで下がる時に、最低音のCがうまく出てくれないことが多いため、
次回のレッスンまでに修正してくることになりました。

この時、Cがうまく出ない原因は、微妙にフルートが動いて
Cになった時に歌口がほんの少し内向きになってしまうための
ようなので、F→Cのスラーを何度も練習して、次回は
しっかり出せるようにして行きたいと思います。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.