EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0084

参照:フルートの部屋


  詰めの甘さ



アンサンブルのレッスンは、録音させてもらっているので、
後で聴き直して、自分の問題点を確認することができます。

以前に比べると、音など、だいぶ良くなってきたとは
思いますが、テレマンのカノンによるソナタなどは、
先生と全く同じ旋律を吹いている訳ですから、
先生が吹いている音を、自分の吹いている音を比べると、
まだまだ改善すべき点がたくさんあることがよく分かります。

最近の録音を聴き直していて
特に感じるのは、

 詰 め の 甘 さ

です。レッスンでも、指摘されることですが、

 ・つまらないところで、ミスしてしまうことがある
 ・拍の取り方が甘いので、リズム感が失われることがある
 ・長い音を吹く時に、単調になってしまうことがある
 ・よい響きを最後まで維持しきれていないことがある
 ・伸ばさないといけない音が、最後まで吹ききれていないことがある
 ・タンギングをしっかりしていないことがある
 ・スラーなのに、タンギングが入ってしまうことがある
 ・トリルが聞こえていないことがある
 ・ダイナミクスがいい加減になっていることがある
     ・・・ピアノ(p)なのに、音が強すぎることがある
 ・速く吹こうとして、指が滑ってしまったり、
    音がきちんと当たらないことがある
     ・・・自分で自分の首を絞めてるってことです
 ・途中で疲れてきて(緊張が切れて?)
    テンポが少し遅くなってくることがある

といったことです。曲を吹き込んで、譜読みや指回りの不安が
なくなれば、だんだんよくなっては来るわけですが、
自分の問題点を把握した上で、練習をした方が、
やはり早く上達すると思います。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.