EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0083

参照:フルートの部屋


  C.P.E.バッハのハンブルガーソナタ(1)



次回の発表会は来年の1月11日(日)になりました。

この発表会では、C.P.E.BachのSonata G-durと
テレマンのカノンによるソナタを吹くことになりそうです。

テレマンのソナタの方は、先生と二重奏をする予定ですが、
レッスンで、No.1 No.2 No.3 と順にやって来ていて、
最初はNo.1をすることになりそうだったのですが、
No.2をやってみると「この方が・・・」
さらに、No.3をやり始めると「この曲もいいですね・・・」
となって、まだはっきり決まっていません。

ハンブルガーソナタの方も、レッスンでも数回、みて頂いたので、
修正すべき課題もだいぶハッキリしてきました。

前半のアレグレットは、

 ・テンポが揺れてしまうところがある
 ・4分音符や8分音符の長さが足りない時がある
 ・3連符の時に、テンポが速くなる傾向がある
 ・音が下行していく時に、テンポが速くなる傾向がある
 ・32分音符が続く部分は、タンギングをすること

といった課題のほか、47小節と50小節は指がまだ
回らないといった問題も残っています。

ロンドの前の部分は、楽譜通りに吹くと面白くないので、
少し工夫をして吹こうと思い、こんな感じという案を
吹いてみましたが、どのようにするかは、次回以降の
レッスンで検討することになりました。

ロンドの部分は、一度みていただいただけなので、
課題が山積していますが、指が十分回らないところを
中心に練習を続けています。

指がもう少し回るようになったら、ダイナミクスが
しっかり分かる演奏になるように、練習をしないと
いけないと思っています。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.