EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


先生と生徒の関係(1)

  互いに教え、学びあう



私は、今まで、良い意味でも悪い意味でも、
数多くの人から、いろいろなことを学んできました。

私はまた、いろんな立場で、
たくさんの人に、いろいろなことを教えてきました。

今は、大学や予備校で主に生物に関することを仕事として
教えていますが、同時に他の方々から、生物に関するいろいろな
情報などを教えてもらっています。

一方、昨年始めたフルートは、2人の先生に教えて頂いていますが、
私が学んだことを他の方に教えることもあったりします。

私が教えているのは、私が今までに「誰かから」教えてもらったり、
学んだり、経験してきたことですし、
フルートを指導して下さっている先生方も、それは同じでしょう。

先生は、自分が知っていること、経験してきたこと以上のことを
生徒に教えることはできないからです。

今以上のことを生徒に伝えよう、教えたいと思ったら、
先生自身が、もっと勉強したり、経験を積んで、
自分自身を磨くしかありません。

授業では、偉そうなことを言っていても、
先生なんて そんなもの です。

ただ、多くの場合、授業を受けている生徒よりは、
ずっと多くの経験を積んで、ずっと多くのことを知っているだけです。

だから、時には、生徒の方がよく知っていたり、
ちゃんと理解している ・・・なんてこともあります。

生徒から、間違いを指摘されたりすると、
先生としては、ちょっと恥ずかしいわけですが、
でも、時には、生徒から新しいことを学んで成長していくのです。

私も、今までたくさんの生徒を指導してきましたが、
同時に、たくさんのことを生徒から学んできました。

これからも、互いに教え、教えあえる、
先生と生徒の関係でありたいと思います。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.