EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0078

参照:フルートの部屋


  易しい曲など、一つもない?!



MFLCのレッスンの曲ですが、

 もう少し易しい曲を先にやった方がいい

という先生のご判断で
鈴木フルート指導曲集vol.3を途中で中断して、
ムラマツフルートレッスンセンター出版の

  MFLC講師が選んだ 「40フルート小品集」

の曲をやっています。

最初に

 ヘンデルの ラルゴ

をやり、次に

 ハイドンの セレナーデ

をやりました。

どちらも半年以上前に自主練習は済んでいたので、
一応、すぐに吹くことはできましたが、
いろいろな問題を修正して頂きました。

どちらの曲でも、共通して言われたことは、

 古典の様式をきちっと守って、
 アーティキュレーションが、はっきり分かるように吹く

ということや

 テンポが変わるところや、ダイナミクスを変化させるところ、
 曲の雰囲気が変わるところなども、明確に変える

ことです。また、

 柔らかい音で吹くところ、
 メリハリを持たせて吹くところ、
 装飾音をしっかり聴かせるところ、
 表情豊かに演奏するところ、
 しっかり「歌う」ところ、
 自由に吹くところ(拍を数えない)
 ブレスをとってはいけないところ、
 ブレスをとらないといけないところ

など、曲作りについて、丁寧に指導して頂きました。

アンサンブルの方のレッスンで、先生が

 指回りが難しいところがなくて、易しそうに見える曲の方が、
 ごまかしが効かないので、ちゃんと演奏するのは難しい

と仰ったことがありますが、今までレッスンを受けてきて
身にしみていることは、

 易しい曲など、一つもない

ということです。

譜読みが大変な曲や、指が回らない曲ばかりやっていると、
曲づくり以前の段階をクリアするのが精いっぱいで、
本当に大切なことを学ぶ前にレッスンが終わってしまうかもしれません。

でも、こんな風に、比較的余裕がある曲もレッスンでみてもらえれば、
そういう心配もなくなる訳で、バランスよく学んでいくことができます。

次の曲を決める時に

 「何かやってみたい曲はありますか?」

と訊かれたのですが、
自分で選ぶと難しい曲を選んでしまうような気がしたので、
好きな曲を言うのをぐっとこらえて、先生に選んで頂いたところ、

 フォーレの 子守歌

になりました。で、すぐに吹いてみるように言われたのですが、
この曲は一度も吹いてみたことがありませんでした。
(この曲集の半分くらいの曲は練習してあるのですが・・・)

結局、初見状態で途中まで吹いてみましたが、時間切れで
ストップがかかったので、

 「これじゃあ、眠れませんね。練習してきます。」

と言うと、先生は笑っておられました。

演奏会で観客が眠ってしまっては、困るのかもしれませんが、
やはり「子守歌」は赤ちゃんに眠って欲しいので
次回のレッスンまでに、

  赤ちゃんが「気持ちよく眠れる」演奏

ができるよう、練習をしておこうと思います。


< 過去の記事 [ 10月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.