EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0562

参照:フルートの部屋


  フラウト・トラヴェルソのレッスン(9)



今日は、前田りり子先生のフラウト・トラヴェルソのレッスンでした♪

前回のレッスンは、日にちを間違えるというチョンボをして、

   トラヴェルソを借り、楽譜も先生の楽譜を借りる・・・

という情けない状態でしたが、

   今日はちゃんと忘れずに持って行きました!

        ・・・・当たり前ですが (^_^;

今日は、

  ボワモルティエ 
  55の易しい小品 OP.22

の D-dur 6曲目の メヌエット をやりました♪

まず、先生と一緒に吹いてみたあと、いつものように

  メヌエットの踊り方

を先生が実際に踊りながら説明して下さいました。

もちろん、楽譜通りに吹いてはダメですが、

  メヌエットは6拍子

の曲で、一見簡単そうに見えるけれど、

  きっちりした形があるので、それに従って演奏しないとダメ

なので、

  簡単そうに見えて、難しい

ということ、でも、

  メヌエットができるようになれば、他の舞曲もやりやすくなる

ということを解説して頂きながら、実際に吹いていきました♪

  1拍目は大事なので、少し長めに・・・

でもその後の

  2~6拍目は、1拍目を長くした分、巻いて演奏する

ことなどを教えて頂きました。

また曲の最後にヘミオラが出てくるのですが、

  ヘミオラの感じ方も、丁寧に解説

して頂けたので、今後の演奏に活かせそうです♪

ちなみに、

  1拍目の感じ方が、ヨーロッパと日本では違う

ので、

  同じ曲を演奏しても、違った感じになってしまう

ということなども解説して頂きました。

簡単に言うと、

  多くの日本人の1拍目は、ヨイショ。。。という感じで重い

けれど、

  ヨーロッパの人たちの1拍目は、高いところから始まる

ところが違う・・・ということでした。

似たようなことは、

  合唱の練習でバッハを歌う時とかにも出てくる

ので、私には感覚的によく理解できました。

あと、技術的なことでは、

  私のタンギングがはっきり聞こえないことがある

ということを指摘され、原因は

  舌を引くのが遅いからだと思う・・・

ということで、

  タンギングなどにも注意して練習しました♪

次回のレッスンは3月の予定です。


< 過去の記事 [ 1月の News リスト ] 新しい記事 >

2017 calendar
1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (utf8)
RSS (euc)
RSS (sjis)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.