EDU ONLINE AC
keywords
[ POST ] [ AddLink ] [ CtlPanel ]

TOP


Topic Category

 News
教育全般
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学
小学校
幼児教育
社会人教育
留学
予備校
進学塾
学習塾
入学試験
大学院入試
大学入試
高校入試
中学入試
数学(算数)
理科(物理・化学・生物・地学)
英語
その他の外国語
国語(現代文・古文・漢文)
社会(地理・歴史・政治経済・倫理)
受験勉強全般
芸術(音楽・美術)
英会話学校
学級閉鎖
その他の情報
このサイトについて


Link Category

All Links
教育全般
文部科学省
大学院
大学
短大
専門学校
高校
中学校
小学校
幼稚園
予備校
大学受験

数学
国語
英語
外国語(その他)
理科
社会
芸術
体育
学会
その他


管理人へMAIL


フルートの練習メモ 0347

参照:フルートの部屋


  たまに違うフルートを使うと・・・



昨日はフルートのレッスンでしたが、
最近、ずっと使っていたSRを調整に出したため、
数か月ぶりに14Kを持って行ってレッスンを受けました (^_^;

SRはオフセットのH足部管で、最近はEメカをONにして使っていたのですが、
14KはインラインのC足部管で、Eメカはありません。

さらに、SRは新バッドですが、14Kはバッドも旧タイプ・・・

と言うわけで、フルートの材質だけでなく、吹いた感じもかなり違います。

さすがにちょっと心配だったので、レッスンに行く前にちょっと吹いてから
行ったのですが、指回りの感触がだいぶ違うので、
タファネル&ゴーベールは、だいぶ苦戦をしてしまいました (^_^;

レッスンの最初にピッチを合わせるために音だしをしますが、
最近はいつも先生がチューナーをみて、私は自分の感覚でAを吹きます。

ちょっと高いかな・・・とも思ったのですが、
先生がチューナーを渡して下さってみると、ほぼピッタリ!

  いつもより、音が明るい感じがしますね♪
  やっぱり、材質のせいでしょうかねぇ。。。

と仰いました。ふだんとは息の入れ方を少し変えないと
しっかりした音が出ないので、私的にはちょっと吹き難かったのですが、
レッスンで吹いているうちに、以前の感触がもどってきたようで、
リラックスして吹けるようになりました。

レッスンのメニューはいつもと同じで、大きな進展はありませんが、

  スラーが良くなった

と褒めてもらえたので、

  先生の教え方がいいからですね♪

と言うと、

  いえいえ、藤井さんが練習したからですよ♪

と切り返えされてしまいました (^_^;

  ケーラーのエチュード
      も
  テレマンのソナタ(二重奏)
      も
  モーツアルトのソナタ(二重奏)
      も

だいぶテンポが上がってきて、終わりが見えてきた感じです。

  バッハのソナタ

は、今日は第2楽章をみていただいて、

  指回りが難しいところの練習

と、

  曲づくりの上で、注意すべきこと

などを教えて頂きました♪


< 過去の記事 [ 1月の News リスト ] 新しい記事 >

2018 calendar
1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031



新しいトピック
最新:05/13 23:55




RSS Feed (XML)
RSS (euc)
RSS (sjis)
RSS (utf8)

GsBlog was developed by GUSTAV, Copyright(C) 2003, Web Application Factory All Rights Reserved.